内科・小児科・循環器内科・トランジェンダー内科・訪問診療・予防接種・SAS・ED・AGA・美容注射

ドクター紹介

ホーム > ドクター紹介

院長 Dr.ひめ(武藤大輔)

ご挨拶

長年にわたり、新生児集中医療の第一線で診療に従事し、沢山の患者様や医療スタッフ、関係者に支えられてきました。一方で、私自身の性的マイノリティーを隠し、多くの患者様に接してきました。ハイリスクな医療現場にいたため、不幸な末路を辿る場面も当然に数多く経験しました。その中で人生はどんなものであっても、嘘偽り無く、納得したものにしなければいけないと実感し、現在は世間で言う、ニューハーフ、トランスジェンダー(MtF)の医師として、ここ久屋クリニックで診療しております。これまでの経験を活かし、内科疾患はもちろん、専門の小児科、育児相談、発達の相談など、よろこんで対応いたします。

私は、トランスジェンダーですが…男性が女性になるのは本当に大変でした。美を追求する大変さや気持ちは痛いほど身にしみています。美容のお悩みにも、親身にアドバイスいたします。他にも、性的マイノリティーであるトランスジェンダーが抱える医療および社会的問題に医師・当事者として興味を持ち、机上の空論ではない事実を知り、医師として何か貢献したいと思い、夜のニューハーフのお仕事もしています。トランスジェンダーの方々や性的マイノリティーの方々への医療、相談にも御協力いたします。周りには、なかなか理解されない夜のお仕事の方々のお悩みも十分に理解しているつもりです。一般の小児科医では、なかなか理解されない夜のお仕事をしているママさんたちも是非、お気軽に声をかけていただければ幸いです。

院長 Dr.ひめ(武藤大輔)

資格等

  • トランスジェンダー(MtF)
  • 小児科専門医
  • 周産期(新生児)専門医
    ・日本周産期・新生児医学会評議員
    ・日本新生児成育医学会評議員
  • NCPR(Aコース)インストラクター

経歴

  • 愛知医科大学医学部医学科卒業
  • 名古屋市立大学小児科
  • 鹿児島市立病院周産期センター
  • 愛知県心身障害者コロニー中央病院新生児科
  • 愛知医科大学病院周産期母子医療センター助教
  • 医療法人誠仁会久屋クリニック(2017年11月~)
spacer

ページの先頭へ